ブログ相談 よもやま話 | NPO法人永代供養推進協会 - 永代供養全国マップ・無料仏事相談

位牌は魂入れは、仮位牌はどうしたら。

位牌は魂入れしなければならないか。仮位牌はどうしたらいいか。

永代供養墓に納骨されたということですので、仮位牌はそのお寺にお焚き上げをお願いする。その時につくられた位牌を持参して魂入れをお願いする。とういうことをお話しました。

 

お寺とのつきあいが金銭負担に。

1人娘の私ががお寺とのつきあいをしてが、大変なので3回忌法要まで考えていたが、1周忌でやめたい。月経で家にきてもらわないでも3万納めるかたちに。護寺会費等1万。以前親が永代経で30万。本堂で60万の寄付金をした。独身の私には今後到底このような金銭負担は無理なので、どのようにしたらいいか困っている。お寺から追い出されることもあるのか。安い永代供養(墓)もあるようですが。

無理なことは無理でできないのですから、護寺会費等1万を納めて、あとは可能な限りでいいということ。どうしてもお寺がそれ以上の無理を言うようであれば、墓じまいして永代供養墓へ改葬を考えればというようなお話ししました。

 

 

永代供養墓料をお布施として払うが、税金はかかるの。

永代供養墓に納骨を考えている。一式料金をお布施として払うが、税金はかかるの。

お布施は非課税で税金はかかりません。

 

フリーダイヤルないのですか・・。

電話の冒頭「フリーダイヤルないのですか」でした。

無料相談で営利でないのでフリーダイヤルはないことを伝え、最初は何の電話かがよくわからず、何とか相談内容を聞きだすと、「永代供養墓とはいうのは何」でしたので、「ホームページにわかりやすく説明しているので、見てください」と伝え、電話を終わらせてもらいました。電話代を気にする気持ちはわかりますが、営業でないのでフリーダイヤルは勘弁です。また、午後8時に電話の第一声が「フリーダイヤルないのですか」にびっくりしました。

 

粉骨にして墓石の前の土に埋めてほしい。

代々の所有地の墓地ですが、高齢の兄が「遺骨を粉骨にして袋に入れ、墓石の前の土に埋めてほしい」と希望しています。何か手続きが必要ですか。

全く問題もないし、所有地のお墓ということですから手続きも必要がないですね。

 

宗教・宗派・宗旨を不問の寺院墓苑、宗派が異なるのですが。

宗教・宗派・宗旨を問わない寺院墓苑を検討しているのですが、そのお寺の宗派と違うのですが、法事等自分の宗派できるのでしょうか。

「従来の」の文句がなければ、「宗教・宗派・宗旨を問わない」ということでしたら、霊園形式ですから、自家の宗派でできるはずです。もちろん、檀家になる必要もありません。いずれにしても、決める前に、これらのこと、他の不明点は確認すべきです。

 

叔父に代わって墓守しているお墓を墓じまいしたいが、どうしたら。

10年前から、老人ホームに入所している認知症の叔父に代わって墓守している実家のお墓を墓じまいしたいが、どうしたらいいか。かなり古いお墓でもう45回忌、その他はもっと以前で8体もあるので、費用も心配。

まずは、お墓のお寺に墓じまいを考えていることを話すことからということ。かなり古いお骨なので、先祖代々にまとめるなど、墓じまい、永代供養墓への改葬に当たっては費用をへらす方法があることも説明しました。また、改葬先として高額でなく、信頼できる永代供養墓を紹介してほしいとのことでしたので紹介しました。後見人になっているかは聞き洩らしましたが、次の相談時に、確認したいと思います。

 

永代供養にしたいが、年間管理費を33回忌分を一括で払えばいいか

お墓ではなく納骨堂だが、後のことを考え、永代供養にしたいが、年間管理費を33回忌分を一括で払っておけば、自分が亡くなっても合祀されず永代供養してもらえるのか。

それはそのお寺次第ですので、まずは相談すべきです。お寺が、永代供養料として〇〇万円ならとか、決まり通り誰も年間管理費を納める人がいなくなったら合祀するとか、、3年間ならとか、50回忌分でならいいとか、何らか回答があると思います。合祀であっても、永代供養墓に合祀ですから、永代供養であって無縁仏になるわけではありません。もちろん、信頼できるかが大事です。

 

お寺から納骨できないと言われた。

次男である主人が没、、主人の両親が入っているお墓に自分たちも入れると思っていたのですが、お寺からお姉さんがいる から納骨できないと言われた。主人を別のお墓に入れるしかないのでしょうか。お寺が言ってくるのはありでしょうか。

そのお墓の墓守主から言われるなら、まだしもですね。墓守しているのが長男であれば、長男の方にお話しされ たほうがいいと思います。長男の方の家族が反対しているのか、お姉さんが反対しているにか、お寺に言ってほしいと 頼んだのか、等事情がわかると思います。その結果別のお墓に納骨ということもありです。子どもがいないからということでし でしたら、永代供養墓を検討すればいいでしょう。

 

永代供養納骨堂は永代安置ではない

永代供養納骨堂についてお寺に聞いたら、誰もいなくなるとお骨はみんなと混ぜられてしまうと言われた。子どもがいないから永代供養を希望している。納骨堂は永代供養ではないのですね。

納骨堂と永代供養墓は違います。納骨堂は年間管理費を納めている間は納骨壇にお骨は安置されたままですが、誰もいなくなると合祀墓(永代供養墓)に移されます。永代安置ではない。合祀されても無縁仏になるわけでないです。永代供養付き納骨堂といったところでしょうか。どうしても合祀がいやということであれば、永代供養墓のお骨安置タイプを考えては、とお話ししました。

 

お知らせ

永代供養、納骨、葬儀等々を無料仏事相談において非営利で支援しています。永代供養墓、納骨堂、葬儀のことについて不明点、疑問点など何でもご相談ください。

生活保護受給者・生活困窮者へ

火葬から納骨まで葬送支援をします。ご相談ください。

 
syoseki.gif

無料仏事相談

無料仏事相談
お寺に直接聞きにくいお布施・戒名の金額、お墓の事、法事や葬儀について聞きたいと思ったこと はありませんか?
石材店や葬儀社は業者だから問い合わせしにくいことはありませんか?
経済的事情などで納骨することができずお骨を抱えて困っていませんか?
仏事に関する疑問・質問・不安等、内容は一切問いません。
非営利活動法人の当協会が、一般市民の立場になって相談に応じます。