ブログ相談 よもやま話 | NPO法人永代供養推進協会 - 永代供養全国マップ・無料仏事相談

叔父に代わって墓守しているお墓を墓じまいしたいが、どうしたら。

10年前から、老人ホームに入所している認知症の叔父に代わって墓守している実家のお墓を墓じまいしたいが、どうしたらいいか。かなり古いお墓でもう45回忌、その他はもっと以前で8体もあるので、費用も心配。

まずは、お墓のお寺に墓じまいを考えていることを話すことからということ。かなり古いお骨なので、先祖代々にまとめるなど、墓じまい、永代供養墓への改葬に当たっては費用をへらす方法があることも説明しました。また、改葬先として高額でなく、信頼できる永代供養墓を紹介してほしいとのことでしたので紹介しました。後見人になっているかは聞き洩らしましたが、次の相談時に、確認したいと思います。

 

永代供養にしたいが、年間管理費を33回忌分を一括で払えばいいか

お墓ではなく納骨堂だが、後のことを考え、永代供養にしたいが、年間管理費を33回忌分を一括で払っておけば、自分が亡くなっても合祀されず永代供養してもらえるのか。

それはそのお寺次第ですので、まずは相談すべきです。お寺が、永代供養料として〇〇万円ならとか、決まり通り誰も年間管理費を納める人がいなくなったら合祀するとか、、3年間ならとか、50回忌分でならいいとか、何らか回答があると思います。合祀であっても、永代供養墓に合祀ですから、永代供養であって無縁仏になるわけではありません。もちろん、信頼できるかが大事です。

 

お寺から納骨できないと言われた。

次男である主人が没、、主人の両親が入っているお墓に自分たちも入れると思っていたのですが、お寺からお姉さんがいる から納骨できないと言われた。主人を別のお墓に入れるしかないのでしょうか。お寺が言ってくるのはありでしょうか。

そのお墓の墓守主から言われるなら、まだしもですね。墓守しているのが長男であれば、長男の方にお話しされ たほうがいいと思います。長男の方の家族が反対しているのか、お姉さんが反対しているにか、お寺に言ってほしいと 頼んだのか、等事情がわかると思います。その結果別のお墓に納骨ということもありです。子どもがいないからということでし でしたら、永代供養墓を検討すればいいでしょう。

 

永代供養納骨堂は永代安置ではない

永代供養納骨堂についてお寺に聞いたら、誰もいなくなるとお骨はみんなと混ぜられてしまうと言われた。子どもがいないから永代供養を希望している。納骨堂は永代供養ではないのですね。

納骨堂と永代供養墓は違います。納骨堂は年間管理費を納めている間は納骨壇にお骨は安置されたままですが、誰もいなくなると合祀墓(永代供養墓)に移されます。永代安置ではない。合祀されても無縁仏になるわけでないです。永代供養付き納骨堂といったところでしょうか。どうしても合祀がいやということであれば、永代供養墓のお骨安置タイプを考えては、とお話ししました。

 

浄土宗で葬儀をするのですが、禅宗の永代供養墓に納骨できる?

母親が亡くなり、浄土宗なので浄土宗の僧侶で葬儀をするのですが、49日に禅宗のお寺の永代供養墓に納骨したいと思っています。宗派が違うのですが納骨できるのですか。

ほとんどの永代供養墓は宗派を問わず、受け入れますので大丈夫ですが、一応考えている永代供養墓のお寺に確認したほうがいいということをお話ししました。

 

自分が亡くなったときに納骨手続きしてくれる人がいない。

市営霊園の納骨堂に夫と母親を納骨している方から。自分が亡くなったときにそこに納骨してほしいが、そのときに手続きしてくれる人がいないので(葬儀社が送骨まではしてくれると言うが)、どうしたらいいか。①死後事務委任契約②別のところに永代供養墓をさがし、夫と母親を改葬納骨、自分の生前申込③別々のところになってしまうが、自分の納骨先として永代供養墓をさがし、生前申込④葬儀社に葬儀、送骨だけでなく、納骨手続きも生前契約 の4点をお話しました。関東圏ですと、当NPOがコーディネートしているエンディング安心プランがあり対応できるので一発解決ですが、残念ながら関東圏から程遠いところでした。

 

お墓の刻字は生前の場合は赤にしないとダメなのですか。

永代供養墓を生前申込したのですが、刻字する名前は赤字にしなければいけないのでしょうか。

元々は、生前戒名をお墓に刻字する場合に赤字にしていたところから、生前にお墓に刻字というと赤色にするというのが普通になったものです。ですが、赤字にしてもしなくても、全く問題ありません。赤にしたいということであれば赤にすればいいのです。

 

永代供養で100万、納得できるかたちでないと疑問視してしまう。

地方の市内のお寺に、墓石はなく、墓標だけのお墓に母が、このたび父が没。住んでいるところから2時間ぐらいかかるので、永代供養を考えている。今のお寺に話しをしたところ、墓じまいして、本堂の後ろに安置で100万円、墓じまいに20万円と言われた。同じ市内で他のお寺に聞いたら、20万と言われた。どうしたものか?

永代供養のお布施だから、決められた額があるわけではないにしても、納める側からすると100万は高額で、悩んでしまうのが当たり前。同じ市内の他で20万となれば、疑問視してしまいますね。住んでいるところからかなり遠いというですから、近いところで、ここならという永代供養墓を見つけて改葬するほうがいいと思います。墓じまいはするわけですから。

 

お墓は譲渡することはできません。

お墓を知人に譲ろうと思い、霊園に言ったら、できないと言われたけど、ダメなのでしょうか。

お墓の権利は、使用する権利使用権で所有権でないから譲渡することはできないのが通常です。

 

大阪で永代供養墓をさがしている。大阪に支部はないの。

大阪で永代供養墓をさがしている。大阪に支部はないの。

寄付金、賛助金だけで運営しているため、そこまで広げれていません。専従の私も生計は別の仕事でたてています。できることをできる範囲で活動したいます。

 

お知らせ

永代供養、納骨、葬儀等々を無料仏事相談において非営利で支援しています。永代供養墓、納骨堂、葬儀のことについて不明点、疑問点など何でもご相談ください。

生活保護受給者・生活困窮者へ

火葬から納骨まで葬送支援をします。ご相談ください。

 
syoseki.gif

無料仏事相談

無料仏事相談
お寺に直接聞きにくいお布施・戒名の金額、お墓の事、法事や葬儀について聞きたいと思ったこと はありませんか?
石材店や葬儀社は業者だから問い合わせしにくいことはありませんか?
経済的事情などで納骨することができずお骨を抱えて困っていませんか?
仏事に関する疑問・質問・不安等、内容は一切問いません。
非営利活動法人の当協会が、一般市民の立場になって相談に応じます。